当サイトにアクセスいただきましてありがとうございます。
前見建築計画は東京都の中心に位置する、緑豊かな小金井市で建築設計を行う一級建築士事務所です。


ひとつの建築が人に幸をもたらし、地域に溶け込み、永く愛されること

 日本は近代から今日まで多くの建築が建てられては消え、また建てられと代謝を繰り返してきました。その速度は緩やかになるものの、20世紀のマスプロダクト的な価値観だけでは多様なライフスタイルの要求に対応した建築が生まれにくくなってきているのも事実です。それゆえ当事務所では、設立当初から「ひとつの建築が人に幸をもたらし、地域に溶け込み、永く愛されること」を大切なテーマとしてきました。これは今日の「消費されやすい視覚優先で映えを意識しすぎる過剰演出の傾向」から距離を取る、トレンドとは真逆の射程距離の長い考えです。


 経済成長速度が緩やかになり、少子高齢化の中で日本は課題先進国といわれるようになりました。
教育、福祉、産業、都市様々な環境のあり方が70年前に描かれた世界観とは違います。
住まいについてもすでに大きく変わっていますが、これからも柔軟に変化が求められるのだと思います。
コロナ禍となった2020年以降の現在、まさにこの考えを一層推し進めていく必要性を痛感しています。

 住宅について見てみれば、家族構成では大家族の家が減り、核家族の家が増えました。今は単身世帯のほうが多いそうです。一部屋の広さもLサイズからMサイズへと変化しました。また、農家の家と社宅とでは立地条件が大きく暮らし方を分けるように、どこで働くか、どこに住むのかで家の存在意義も変わりました。
 経済動向では、一億総中流社会が到来したときは子供部屋はマスト、nLDKはマストというように、誰もがその価値観で建てれば安心できる時代でした。もちろん一定数その価値観は続いていくでしょうが、多様な働き方や家族のあり方に派生すると、従来の価値観が重苦しく、衣服でいうならどうも窮屈な着心地に変わります。もっとコンパクトでいい、各部屋が有機的につながって広さを感じられればいい、広い庭までいらないけどもっと植物や自然を取り込みたいというように、MサイズからSサイズへ、でもストレッチ性の高いSサイズでしかも通気性も撥水性もいいというような、どこか気軽さがあり生活様式の変化に対しても柔軟性があり、さりげなく機能性もある。そんなカジュアルな環境体や等身大というナチュラルなスケールメリットへの希求も増えてくるでしょう。
 また、従来の価値観に囚われすぎて部屋数を優先してしまったことで使わない部屋が出現し、気がつけば物置部屋になってしまうなど、不自由さからくる持続可能性の希薄な住まいが現れたり、間取りの不自由さから転用可能性や売却可能性が失われてしまうこともあるため、暮らしはグローバル経済や持続可能性も踏まえた長期的な冗長性が求められるようになるでしょう。それは他のビルディングタイプでも当てはまります。

 これからはより一層、アフォーダビリティ(取得容易性・購入容易性・入手可能性)を意識した、大きくなりすぎない住まい方が推奨されるでしょうし、時には地域社会に貢献できるような開かれた住まい方、将来用途変更したいときに応えられるような、多目的な空間の織り込み方なども大事な要素になってくることもあるでしょう。
 一軒の建築にかけるリソースをできるだけ減らし環境負荷を抑制しながら、物件の社会的利益ができるだけ上向きになる戦略も求められると考えます。最小単位である住まいをベースに他の建築についても暮らし方についての思考を巡らせたいと考えています。

 「ひとつの建築が人に幸をもたらし、地域に溶け込み、永く愛されること」にはそんな背景があります。

 個人店舗、個人住宅が中心のように思われがちですが、独立前は大手アパレルメーカーの店舗や集合住宅、日本科学未来館企画展、青山スパイラルホールでの企画展などの中規模展示会場や小規模ながら寺院建築など個人・法人問わず、またRC造、鉄骨造、木造などの構造種別問わず、様々なビルディングタイプを扱ってきました。

 プロジェクトごとの性格を見極めながら最適な構造・設備エンジニアリング体制を構築し、画一的な建築表現や工法、安易な技巧に走ることなく、その土地ごとの特色を読み解き、お客様一人一人の暮らし方や要求条件と真摯に向き合い、対話を重視した設計・監理に取り組んでおります。
耐震性能確保による躯体の安全性はじめ、快適に過ごすための室内環境への配慮など丁寧に織り込み、その土地の文脈の中で愛着が持てるオリジナルな環境体を提供いたします。
お話する中で解決できること、理解を得られることは少なくありませんので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

▲Page Top


【業務内容】

・建築の企画並びに設計/監理 
・インテリアの企画並びに設計/監理
・地方移住、テレワーク促進等事業再構築における地域資源の利活用及びリニューアルの設計支援
・展示会場並びに企業ブース等PR空間のコンサルティング、設計/監理
・家具、プロダクトデザインのコンサルティング、設計/監理、製作

※原則、改善改修工事(リノベーション)及び用途変更(コンバージョン)は建築確認済証、完了検査済証や構造計算書・図面等の現況の判断ができる資料がある場合に限りますが、既存不適格物件(現行法規不適格)の再生をご検討の場合でもお気軽にご相談ください。

【対応エリア】

・全国(東京都23区、多摩エリアを除き、島しょ含む打合せ等出張交通費は有料となります)

▲Page Top


【建築のご依頼、ご相談等】
は以下のフォームからお気軽にご相談ください。


※画面トップの「お問い合せ」ページは不具合が生じているため使用できません。

■確認次第、ご連絡を差し上げます。初回面談は無料です。

■情報の取扱についてはプライバシーポリシーをご一読ください。

■契約タイプについて

1. ファーストプラン契約
すぐ設計・監理業務委託契約を締結する予定はないが、やわらかい初期提案がほしい場合最適です。
設計・監理契約に至るまでの「法適合調査を含むコンセプトメイキング」の提案となります。
規模・用途によりますが、約2週間~1ヶ月かけて最善を尽くしたご提案をさせて頂きます。
調査・企画業務委託契約書(A4版×1枚)にて契約を交わします。

2. 設計・監理業務委託契約
一般的には、こちらの契約で進めていただく場合が多いです。
ファーストプラン同様にコンセプトメイキングは本契約の範囲としてご提案いたしますのでこちらをお勧めします。
建築設計・監理業務委託契約書(A4版x1冊)にて契約を交わします。

以上からお選びいただけます。

■報酬についてはこちらの設計・監理料についてをご参照ください。


【ご遠慮いただきたいこと】
双方の健全なコミュニケーションのもと設計を進めております。
下記の例のようなお客様はご遠慮しております。

・報酬も払わずプラン取りを前提に設計契約を遅延し、何案も求める方
(=既に設計、施工業者が決まっていてプランの横流しを目的とした方)
・損害賠償請求などを目的とした悪徳クレーマー
(=はじめから建てる気がない方)
・自分の建物さえよければ近隣への配慮は軽視してもいいと考える方
・コンプライアンスや予算を度外視して自己満足を押し付けようとする方
・規模に見合わない予算と理解しつつ、要望を一切妥協しない方
(=値切らせて自己実現させようとしている方)
・資金計画が曖昧で予算を決めていないうちから設計をスタートさせようとする方
(=要望通りの図面がいくらで建つかを知りたいだけの方)
・設計者、施工者のものづくりへの姿勢、配慮を理解出来ない方

このようなことがないようコミュニケーションを重ね進めております。

▲Page Top


【新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン】
当事務所では、「住宅業界における感染予防ガイドライン(一社 住宅生産団体連合会)」、国土交通省、内閣府・法務省・経済産業省連名の各見解を参考に、業務全般にかかるガイドラインを定めています。
以下、ファイルをご参考ください。

新型コロナウイルスの最新感染動向把握については、以下を参照にしています。
◯厚生労働省ホームページ
◯東京都防災ホームページ

▲Page Top