ヒアリング→敷地調査・法規調査→企画立案→プレゼンテーション 
pic130817-5.JPG
ご面談の際、本格的な設計監理契約を結ぶ前に、建物に対する考え方や、ご予算、計画の状況、目標ラインなどのご要望をお伺い致します。
ご要望に基づいて「調査・企画業務契約(ファーストプラン)」を締結し、法規制や周辺状況等の調査の上、どのような解決方法がありえるかご提案させて頂きます。

設計・監理契約に至らなかった場合には調査・企画業務料として住居系は30万円から、非住居系は50万円からを申し受けます。
私達の業務はお客様からの条件に基づいて案を練り上げるため、無給労働ではありません。
不成立でも技術者人件費は申し受けます。

ご相談をご希望の方はメールにてお問い合わせください。



設計・監理業務委託→現場調査・基本プランの検討 
pic130817-3.jpg
ファーストプランが採用されましたら、「建築設計・監理業務委託契約」を交わします。
この時点で正式にご依頼をされたことになります。
ファーストプラン報酬は設計・監理業務委託報酬に含まれます。
締結後は、採用されたファーストプランをもとに基本設計に入ります。
打ち合わせを重ね、検討を繰り返して、双方納得のいくまで基本設計を行います。
プラン・デザイン・イメージ・色・素材等この段階で十分に時間をかけて検討します。
また、工事費概算を算出し、ご予算に応じて基本設計を仕上げていきます。




詳細プランの検討・役所事前協議→実施設計図書の作成→施工業者に見積りを依頼→見積調整 
pic130817-4.JPG
基本設計をもとに工事の発注ができる実施図面を作成します。
実施設計図書をもとに施工会社に見積りを依頼します。
施工会社選定は当事務所が認める取引経験のある施工会社や、Builder21等実績のある登録優良工務店ネットワークを駆使してお客様にふさわしい選定・助言を行います。
見積期間中、工事中ともに施行者とコミュニケーションを図りながら工費・工期等の調整を行い、三者納得いく竣工を目指します。



見積調整→仕様・工事請負金額の確定 →建築確認申請
pic130817-2.jpg
見積期間で仕様、工事金額がおおよそ確定した段階で確認申請等書類を諸官庁または民間審査機関へ提出、各種許認可手続きを行なうことで設計修正の出戻りロスを減らします。*
 
*建築確認申請手続きは建主の代理として行なう「標準業務」です。
「標準外業務」は別途費用がかかります。
*申請手数料は別途、お客様にてご負担ください。
*申請手数料は建築する用途、規模、構造種別によって異なります。

【参考】一部の民間審査機関の建築確認申請手数料を追記しました。



工事着工→工事監理→建物の完成・引渡し
pic130817-1.JPG
建築確認済証が交付され、施工業者が決定した後、当方管理建築士立会いのもと建主と施工業者の間で工事請負契約を行います。
着工後、当事務所が建主の代理として、図面と照合しながら工事進捗の確認・検査・助言を行ないます。
工事完了時に建主、設計者、施工者の立ち会いのもと最終チェックを行い、是正が必要な場合は必要な期間をもって是正・再検査した後、完成引き渡し書・鍵・取扱説明書を工事請負会社より受け取り、引き渡し完了となります。*
工事期間中は工事請負会社が建築確認申請書類の副本一式をお預かり保管します。
引渡し時の設計・監理料の支払確認後、副本やお預かり書類をご返却し、業務完了となります。

*原則、中間検査を要する場合(規模、地域によって規定が異なる)、工区に応じて検査を行う必要があります。
*原則、検査は確認申請提出先の審査機関にて行っていただきます。
*原則、(中間と完了/完了のみ)検査手数料は建築確認申請手数料とあわせて見込んでおくものとしてお考えください。