SUVACO掲載

《cafe634洗足池店》がSUVACOでもご覧いただけるようになりました。

画像をクリックすると、ページへ移動します。
HPより大きな画像でテキストも読みやすくなっています。


pic190602.jpg

▲Page Top

SUVACO掲載

《休耕地の家》がSUVACOでもご覧いただけるようになりました。

画像をクリックすると、ページへ移動します。
HPより大きな画像でテキストも読みやすくなっています。

SUVACO_休耕地の家.jpg

▲Page Top

Projects更新

Projectsに《cafe634洗足池店》、《休耕地の家》を追加しました。

▲Page Top

cafe634 リオープンのご案内

この度、東京都大田区上池台にて設計・監理させて頂いておりました、《cafe634》が9/22(土)に東銀座から移転し再オープンを迎えました。

都内屈指の広さを有する淡水池のある洗足池公園の散策などを兼ねてお越しいただけましたら幸いです。

pic180923.jpg

cafe634
東京都大田区上池台2-31-11
TEL:03-3727-6368
OPEN:9:00-18:00
CLOSE:日・月


▲Page Top

"Process of Architecture"cafe634

Tumblrに《cafe634》の設計・施工過程の写真や考えていたことなどをまとめました。
画像をクリックすると、ページへ移動します。
訪問先で各画像をクリックするとテキストを読むことができます。
pic170803.jpg

▲Page Top

大郷の曲り家がArchello(蘭)に掲載されました

《大郷の曲り家》がオランダの建築Webメディア「Archello」に掲載されました。
未公開のカットも掲載していますので御覧ください。

pic160909.jpg

▲Page Top

Projects更新

Projectsに《OSK》を追加しました。
竣工まではコラムにて不定期に掲載する予定です。

▲Page Top

大郷の曲り家が見學館(台湾)に掲載されました

《大郷の曲り家》が台湾の建築Webメディア「見學館」で紹介されました。
「緑・建築家」という媒体から移行したメディアでの再掲載であり、台南地震以降、感じ取れることの多い内容です。
一日も早い復旧・復興をこの場を借りて心より祈念申し上げます。

pic160212.jpg

▲Page Top

大郷の曲り家が掲載されました

《大郷の曲り家》が『Replan東北VOL.48』に再掲載されました。
敷地や周辺環境を読み解き、心地よく暮らせる環境をつくりだした平屋の事例として紹介いただきました。

pic150417.jpg

▲Page Top

cafe634が珈琲時間に掲載されました

cafe634》が『珈琲時間 2015年5月号』大誠社に掲載されています。
画像をクリックをするとamazonのページに移動します。

pic150410.jpg

▲Page Top

cafe634が緑・建築家(台湾)に掲載されました

《cafe634》が「日本建築Case Studies」として緑・建築家で紹介されました。

pic150319.jpg

▲Page Top

大郷の曲り家が緑・建築家(台湾)に掲載されました

2014年11月7日
《大郷の曲り家》が緑・建築家で紹介されました。

pic141107.jpg

▲Page Top

大郷の曲り家の平面図が紹介されています

雑誌Replan北海道105号とReplan東北45号連動企画「間取りが決め手」にて《大郷の曲り家》が光と動線から生まれた蹄鉄型の間取りとして紹介されています。
Replan東北Vol.43』にて詳しく紹介されています。併せてご購読ください。

▲Page Top

札幌市資料館リノベーションアイディアコンペショートリスト

「札幌市資料館リノベーションアイディアコンペティション」におきまして、国内外131の応募作品から1次審査を通過し最終審査へ進むこととなりました。
本コンペは、札幌国際芸術祭2014(7月19日~9月28日開催)のプログラムのひとつです。
札幌市資料館ギャラリーに通過した38作品が展示され、9月28日の最終日に最優秀案が発表されました。
残念ながら及ばずショートリストでしたがこれを励みにしてまいります。

pic140708-2.jpg
【審査員(敬称略、順不同)】
坂本 龍一(札幌国際芸術祭2014 ゲストディレクター)
青木 淳(建築家/青木淳建築計画事務所)
坂井 文(北海道大学大学院 工学研究院准教授)
涌井 雅之(造園家/東京都市大学環境情報学部教授/岐阜県立森林文化アカデミー学長)
武邑 光裕(札幌市立大学 デザイン学部教授)

▲Page Top

cafe634がSpoon&Tamagoに紹介されています

ブルックリン/東京を拠点として日本のデザイン、芸術・文化を中心にブログを書かれているSpoon&Tamagoが《cafe634》を取り上げてくれています。

主に、
なぜそれが必要か?設計とその建物の役割/歴史・未来との関連性/ユニークなコンテンツ
などを主眼においた記事を書かれているようです。

補足:建て替え前の写真が他の場所での仮店舗のものとなっておりますがご了承ください。

▲Page Top

cafe634がArchitizer(米)に掲載されました

cafe634》がArchitizerで紹介されています。
画像をクリックするとサイトへ移動します。

pic140418.jpg

▲Page Top

cafe634がdesignboom(伊)に掲載されました

cafe634》がdesignboomで紹介されています。
画像をクリックするとサイトへ移動します。

pic140326.jpg

▲Page Top

cafe634が掲載されました

cafe634》がjapan-architectsで紹介されています。
画像をクリックするとサイトへ移動します。

pic140221.jpg

▲Page Top

大郷の曲り家が掲載されました

『Replan東北版VOL.43』に《大郷の曲り家》が掲載されました。
是非ご購読ください。
画像をクリックするとサイトへ移動します。

pic140121.png
©Replan東北 vol.43掲載・撮影/西川公朗

▲Page Top

cafe634オープンのお知らせ

「銀座のカフェ」改め、《cafe634(カフェムサシ)》がいよいよオープン致します。
是非足をお運びください。
画像をクリックするとサイトへ移動します。

pic131215.png

▲Page Top